J-COM 国内本社工場

■J-COM 本社工場(富山市)

製品づくりへのこだわり

J-COMのニット製品は、今では希少となった手横機による成型編みとリンキングによって作られています。
スタッフ全員が職人としての伝統的な技術を守り、こだわりと自信を持って生産しています。
大変な手間のかかるハンドメイドニット。特にインターシャ編みには時間と手間がかかり、緻密に編まれたビーズの編込みや細やかなインターシャは、驚きとともに感動的ですらあります。

ジェイコムの製品はすべて社内企画によるオリジナルデザイン
定番のベーシックな商品には細かな改良を加えつつ、毎年様々なシルエットやモチーフを用いたニットがラインナップしています。
ニットデザイナーとして長年のキャリアを持つ社長と熟練のスタッフによって、日々スタイルが美しく、着心地の良いカシミヤニットが生み出されています。
スタッフ写真


2017年からは富山の本社工場での国内生産にシフトし、お客様からのより細かなご要望にも対応できるよう
オーダーメイドでの生産体制を強化しています。

 

インターシャを編む様子1
インターシャを編む様子2
手横成編み1
手横成編み2
編地チェック
糸始末
縫製リンキング
仕上げ
検品
製品完成
製品ギャラリー1
製品ギャラリー2